実例集 | ずっと家族と…二世帯住宅

二世帯住宅のベストケースは遊び心満載のこだわりマイホーム。

外観から壁紙1枚に至るまで、施主様のこだわりが息づいている家・・・

家族思いで、しかも研究熱心なH様らしい住いづくりの集大成がここに。

これから新しい家をとお考えの若いご夫婦には、ぜひ参考にしていただきたい、注目どころ満載の一棟です。

30代のH様ご夫妻が新居を検討されたのは、以前のお住まいが何かと手狭になってきたことが第一の理由。ご両親と同居されていたというその前宅は、真壁造りの堂々たる日本家屋でしたが、築35年を経過しご家族の生活スタイルにそぐわない部分が多くなってきていたそうです。

いちばんの問題は、間取りやスペースの関係でご両親と同じ生活空間を共有せざるを得なかったという点。仲のよいご家族ながらプライバシーの確保が容易ではなかったために、互いに余計な気を遣いあう場面も少なくなかったそうです。

もうひとつお困りだったのは収納が貧弱だったこと。物があふれかえり、居住スペースを圧迫。家具を購入して物を整理してもその家具がまた部屋を狭くするという悪循環が生じていました。

そこで、新しい住まいでは上下階で生活空間を分離する二世帯プランを採用。水まわりだけでなく2階にもリビングを設けるという徹底した仕様で、互いの生活干渉を最小限にする工夫がされています。また納戸や食品庫をはじめとする収納を1階2階ともに充実させ、居住スペースの適正化を図りました。

いわば二世帯住宅のベストケースとも言えるH様邸ですが、注目すべきポイントはほかにも。勉強家でこだわり派の施主様ならではのアイデアがどう反映されているかは、別項でご紹介しています。

 

家計と地球にやさしい白瓦

H様邸では純白の外壁に合わせ屋根瓦も白で統一しています。この瓦の白色は塗装によるものではなく釉薬を塗って焼成したもの。太陽光を効率よく反射することで屋根下の温度を下げる効果があり、真夏の冷房効率も向上させる家計と地球にやさしい瓦です。

まじめな家をつくろう 協和ハウジング

株式会社協和ハウジング
〒297-0015 千葉県茂原市東部台3-3-3( 地図はこちら→
TEL:0475-23-3323

建設業許可番号 千葉県知事免許(般-27)第12371号
社団法人 全国宅地建物取引保証協会会員 千葉県知事免許(11)第5701号

Copyright © Kyowa Housing Co,ltd. All rights reserved.

Back to Top