実例集 | 趣味を楽しむ

「マリンランプ」「サーフボードロッカー」「海を感じるインテリア」など、カリフォルニアの風を感じるサーファーズハウス。

ロードバイクガレージのある、サイクリスト羨望の一棟。

リビングからVWタイプIIを眺む、インナーガレージのある家。

キャットウォークのある、ペットと共に暮らす風格ある住まい。

使い勝手の良い家事動線プランで、愛猫も人間も快適に過ごせる住まい。

好きなお酒をいい雰囲気で楽しむ、バーのような極上空間。

コーディネート上手な奥様による、会心のマイホームプランに注目!

マイホームを新築しようというとき、どんなわが家にしたいか家族総出であれこれ話し合いながら具体的な方向性を決めていくケースもあれば施主様ご本人あるいは奥様がリーダーシップを取って進められる場合もあります。

ここにご紹介するI様邸は後者。家族の夢を託された奥様の手腕が光る一邸です。

南国リゾートを感じさせる外観、そして明るくやわらかな色合いのクロスやフローリング、家具でまとめられたインテリア。その見事なまでのコーディネートは奥様の発案によるもの。さらに共用部分だけでなく、2階の各居室に至るまですべて奥様が手がけられました。

たとえばご夫妻の寝室はハワイアンがお好きなご自身のご趣味でやはり南国風なテイストに統一されていますが、サーフィンに夢中というご長男のお部屋はマリンブルーを基調にした壁紙にサーフボードをオブジェ風に飾るなど大胆にアレンジされています。一方、お嬢様とご家族のお部屋はアメリカンポップ調とこちらも独創性あふれるもので、一見して1人の方が手がけられたとは思えないほど個性が際立っています。

それもそのはず、日ごろから衣料品関係の売り場で商品陳列のお仕事をされていらっしゃる、いわばコーディネートのプロ。それだけに、家族も安心して奥様にマイホームを託されたのでしょう。

しかし、その辣腕ぶりはデザイン面にとどまりません。使いやすいキッチンや家事動線、収納、そしてご一家の絆を深めるLDK、ご高齢のご両親のためにと導入されたバリアフリー設計など住まいの使い勝手に関しても、家族への配慮をしっかりカタチにされています。

「コンセプトは温もりのあるわが家。家族の誰もが早く家に帰りたいと思えるようなマイホームができました」と奥様。

 

大家族には大きな食品庫を

家族が多ければ多いほど重要な課題として浮上してくるのが収納。とくに毎日の食事を考えると大容量の冷蔵庫と共に食品庫もまた大きなものが必要になってきます。ちなみにI様邸ではキッチンの背後に5段の棚が付いた食品庫を設置。さらに勝手口も有効活用しています。

大きなインナーガレージのある秘密基地のようなマイホーム。

自由な発想で自分ならではのこだわりをとことん追求したい・・・

そんなご要望にもしっかりお応えできるのが注文住宅です。

たとえば、このY様邸のように施主様の趣味を十二分に反映した個性的な家づくりも協和ハウジングが得意とするところ。

タレントの所ジョージさんが都内に所有する別邸「世田谷ベース」は、クルマやファッションなど氏の多彩な趣味と独特のこだわりを生かした文字通り「大人の秘密基地」として広く知られています。その自由な発想と遊び心に富んだ内容にいたく共感されたというY様。今回のマイホームづくりでは、この世田谷ベースを大いに参考にされたそうです。

名づけて「茂原ベース」は、世田谷ベースと同じ仕様とした電動シャッター付きのインナーガレージを備え、ここには愛車のほか趣味の釣り道具やガーデニングの資材を置くための充分なスペースを確保。まさにベースキャンプといった風情をかもし出しています。

一方、住まいそのものは和のテイストを重視したシックで落ち着いた外観とインテリアが特徴。

「居城をイメージしました。天守閣のような絢爛なものではなく、質実剛健を旨とする中世の城のような感じにしたかった」とは施主様の談。

白と濃いブラウンを基調とした内外装、直線的でシンプルなフォルムは確かに鎌倉時代の武家屋敷を現代風にアレンジしたような印象。ここにも施主様の趣味性が強く反映されています。

そんなY様邸ですが、地元で暮らすご両親との同居を想定し、専用の居室や客間も備えるなど、ご家族を大事にされるY様のやさしいお人柄もうかがえる一棟になっています。

 

メールでのお打ち合わせもOK

一流時計メーカーで修理技能者として勤務するY様。お仕事柄、国内外出張が多いため、細かいお打ち合わせなどはメールを活用。多忙で家づくりに時間を割けないという方でもこうした手法をうまく取り入れることで、理想のマイホームをカタチにしていくことができます。

夫婦の距離もぐんと近づけてくれるインナーガレージのある住まい。

大好きな車をいつも身近に感じながら暮らしたい・・・

近年、カーマニアやカーライフを大切にする人々の間でインナーガレージのある家が人気を呼んでいます。

「乗るよりも眺めていたい。僕にとっては原寸大のモデルカーです(笑)」とお車に対する愛着をこう語るのは大型四駆のオーナーでもいらっしゃるW様。マイホームづくりのポイントは当然のことながら「ガレージのある家」でした。

「最初は別棟でもいいと考えていました。でも営業の方から家と一体化したほうが建築コストも抑えられるし、いろいろメリットがあると聞かされ、インナーガレージに決めました」

一般のガレージとは異なり、インナーガレージは室内の延長でもあるため、雨や雪の日でも濡れずに車の乗り降りが可能。しかもW様邸の場合は壁面に埋め込んだ断熱材のおかげで、寒さが厳しい冬の朝でも内部は外気温に比べだいぶ暖か。毎日車通勤していらっしゃる奥様からも「わざわざ暖気運転のために寒い思いをしなくて済むのがいい」と大好評です。

さらにガレージ内部には大型のアウトドア用品もスッキリ収納できるスペースを確保。ご夫婦共にスキーヤーというW様にはうってつけの仕様となっています。

「ガレージのある家で、しかもリビングは木や自然素材をふんだんに使ったナチュラルテイストな空間。2人にとってここほど居心地のいい場所はありません。外で夫婦喧嘩をしても、帰ってくれば自然と仲直りしていますよ(笑)」

素敵な家は、ご夫婦の絆も深めます。

 

ガレージ設計のポイント

W様の愛車は大型の四輪駆動車。それも悪路走行を念頭に置いて車高を通常より上げてあるためガレージ開口部の高さをこれにあわせて設定。また、住居と同様木造のため、開口部には柱を1本通して強度を確保。2基のシャッターで開閉する方式としています。

まじめな家をつくろう 協和ハウジング

株式会社協和ハウジング
〒297-0015 千葉県茂原市東部台3-3-3( 地図はこちら→
TEL:0475-23-3323

建設業許可番号 千葉県知事免許(般-27)第12371号
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会会員 千葉県知事免許(11)第5701号

Copyright © Kyowa Housing Co,ltd. All rights reserved.

Back to Top