協和ハウジングのこだわり | 耐震

耐震

耐震耐風・耐雨耐湿耐塩プラスアルファ

地震の揺れから建物が受けるエネルギーは、建物重量に比例します。
したがって軽量堅固な木造軸組住宅は地震に対して最も有利な建物と言えるでしょう。しかしそんな木造住宅といえども、一定の規模を超える巨大地震に対抗するには、耐震に配慮した万全の設計、施工などトータルな取り組みが欠かせません。

地盤調査

地盤調査

着工の前、敷地の地層や地耐力、地盤全体の強度や状態を調査。軟弱地盤ならば支持層までの深さを正しく見極め、基礎設計に反映します。

地盤補強工事

地盤補強工事

敷地自体の変形が建物の沈下や倒壊にも直結しかねない軟弱地盤や不均等地盤。地盤補強工事をはじめ状態に合わせた工法で建物の安全を守ります。

ベタ基礎工法

ベタ基礎工法

基礎底面の面積が大きいベタ基礎を標準採用。家の重さを分散させ、沈下に対する耐久性や耐震性を向上させます。防湿対策にも効果的です。

剛床工法

剛床工法

水平の揺れに対する耐震力を高めるため、2階床には28ミリ厚の構造用合板を張る剛床工法(3重張り)を採用。床を面で支え剛性を飛躍的に向上させます。

耐震金物

耐震金物

地震時に発生する柱を引き抜こうとする大きな力。構造要所のホールダウン金物をはじめとした高性能金物により基礎と躯体が一体化し、その力に対抗します。

耐震座金

耐震座金

繰り返し起こる地震や木痩せによる「緩み」を防ぐ耐震座金を採用。建築当初の強度をいつまでも保ち続けます。

KSB工法(協和セーフティーバランス工法)

KSB工法(協和セーフティーバランス工法)

柱や梁を使って「点」や「線」で支える在来工法に対し、壁にパネルと筋交いを用いて基礎と一体化させ「箱」で支えるKSB工法でさらなる強度を実現。同時に気密性の高さも確保します。

耐震工法

耐震工法

重要な柱には金物工法を採用。断面の欠損が極めて少なく、高強度を長年維持します。またその他の柱や土台にも強度や抗菌・防蟻効果に優れたヒノキ材を使用しています。

まじめな家をつくろう 協和ハウジング

株式会社協和ハウジング
〒297-0015 千葉県茂原市東部台3-3-3( 地図はこちら→
TEL:0475-23-3323

建設業許可番号 千葉県知事免許(般-27)第12371号
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会会員 千葉県知事免許(11)第5701号

Copyright © Kyowa Housing Co,ltd. All rights reserved.

Back to Top