建築実例

Case.3 子育て世代の家

I様邸

アイランドキッチンに広いリビング、料理好きなご夫婦が選択した開放感あふれる住まい。

S様邸

ご夫婦ともにお料理好きで、しかもお子さんたちとのコミュニケーションも大切にしたいというS様ご夫婦。そんなお二人のご要望は、広い天板を備えたアイランドキッチンと、どこまでも視線を遮るもののない広々LDKでした。

そこで、今回はキッチンからリビング、西側の畳コーナーまで伸びる対角線上に障害物となるような壁、柱を設けないプランを提案。これにより、文字通り、スカッとした空間的広がりを感じさせるLDKができました。

さらに、サッシを通して広いウッドデッキと、その先に広がるお庭の風景まで見渡せるようにすることで一層の開放感が得られるよう工夫しています。

 

ただ、建物の構造的強度を確保するには、この広いLDKのどこかに柱を設ける必要があります。かと言って、それが視線を遮るようなものでは意味がありません。そこで、S様邸では飾り棚に見立てた柱を絶妙な位置に設置してこの課題を上手にクリアしました。

1日のなかで、家族がもっとも長い時間を一緒に過ごすLDKだからこそ、とびきり快適で、しかも子供たちが遊びまわれるゆとりの空間をS様邸は、施主様のそんな想いがカタチになった素敵な一棟です。

内観